メール配信システムの活用方法

良きタイミングでアプローチできる

企業やお店では顧客や見込み客が問い合わせをしたいときに、それに対応したメールを送信します。例えば会員登録や資料請求などの対応をする必要があります。手動でこれらの作業を行っていると非常に面倒で時間がかかります。そういうときに活用できるのがメール配信システムというサービスです。メール配信システムではステップメールという機能を使うことができます。ステップメールは顧客のアクションに応じて自動的にメールを送信できるのが強みです。予めどのようなタイミングでどのようなメールを送信するのか設定します。すると機械的にシステムがメールを送信してくれるので手間がかかりません。うまく利用すれば、以前問い合わせをしてきた顧客に対して定期的にアプローチができるのでメールマーケティングに活用できます。

データ収集にも役立つ

メール配信システムは顧客データを収集するときにも使えます。例えばHTMLメールを送信しましょう。このメールを開封したのかというデータを集計できます。どれくらいの方が開封してくれたのか、逆に開封してくれなかったデータも手に入るので今後のメールマーケティングに役立ちます。さらにメールに記載されたURLを何人がクリックしたのかも確認可能です。クリック時間の集計などもできるのでうまく利用すればクリック率に高いメールを構成する事もできるでしょう。エラーアドレスなど一括管理できるので利用すればエラー解析などにも役立ちます。メール配信システムを利用すれば、データを収集して高度なメールマーケティングを実現できるので商売人におすすめです。

メール配信APIは様々なシステムと連携することができ、メールの大量配信を安全かつ確実に行うことができます。