メール配信システムのメリット

メリット①環境構築とメンテナンスの手間が省ける

メール配信システムを社内に構築しようとした場合、メールサーバーや端末の選定・設置、ネットワークへの接続、セキュリティ対策が必要です。また、運用後もセキュリティ対策やOSの更新などの維持管理が不可欠です。このような作業は社内に専門部署があれば対応可能ですが、ほとんどの場合は外注になるのではないでしょうか?
クラウド型のメール配信システムを導入すると、これらの初期導入時の構築作業が不要になり、運用中メンテナンスはサービス提供側で一括して管理してくれます。ネットワーク環境さえあれば、どこからでも利用可能であることも大きなメリットです。ただし、サービス提供側のメンテナンス時間にはメール配信が遅れる可能性がありますので注意が必要です。

メリット②業務の効率化

メールリストの管理を人の手で行う場合、対象ユーザーを間違えてしまったり、削除依頼が来ていたユーザーの削除が漏れていたりなど、メールの誤配信を発生させてしまう可能性があります。一度メールの誤配信を起こしてしまうと、個人情報の管理ができていないとの印象をユーザーに与えてしまい、信頼を大きく失いかねません。これらの誤配信を防ぐためのチェック作業にも時間がかかります。
メール配信システムを導入すると、これらのヒューマンエラーを防止し、配信タイミングも設定できます。送信対象のユーザの生活リズムに合わせて配信が可能ですのでメール開封率やリンクもクリック率の向上が期待できます。また、メール配信システムでは送信先のメール開封率やリンクのクリック率も測定できますので、効果的なメールマーケティングで潜在的な顧客の発見にもつながります。